大人の矯正

大人の矯正

大人の矯正は、噛み合せを良くして体調の不具合を改善することが目的というケースもありますから、治療目的として承認される場合があります。
このような場合の矯正治療は、医療費控除の対象となり、税金の還付が得られます。

 

あなたの場合はどうでしょうか?
年齢や矯正の目的などからみて、治療目的として認めてもらえそうですか?
治療目的であると認められる場合、一年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、最大200万円分の税金が控除され、減税または還付金が返還されます。
ただし、総所得が200万未満の場合は、その5%となります。

 

医療費控除のための診断書を作ってもらう必要もありますので、よくわからないという方は、医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

また、自分が治療するのであっても、お子さんが治療するのであっても、矯正費用の支払いは大人の義務ですよね。
私の通っている歯科では、支払い方法の一つとしてデンタルローンというものがあります。
返済は毎月定額で、数千円単位の支払いができます。

 

もちろん、クレジットカードでの支払いもできます。
クレジットカードの場合、分割回数が最大24回か36回だと思います。
一方、私の利用しているデンタルローンは、最大84回まで分割してもらえます。

 

デンタルローンは、長期の返済契約ができるのが特徴です。
しかも、ボーナス払いもできますし、お金に余裕がある時には、いつでも繰り上げ返済を行うことができます。
治療費用は大きな負担になりますので、このようなローンを利用してみるのも良い方法です。

 

ローンを組めるのは大人の特権です。
私の場合は、デンタルローンのおかげで、生活費やショッピング代金をクレジットカードで支払うような感覚で、負担を感じることなく治療費の支払いをしています。
生活費のやりくりをするよりも遥かに楽ですので、みなさんにも、このような便利なシステムを使用してみることをおすすめしたいと思います。