隙っ歯の矯正

隙っ歯の矯正

歯並びの悩みとして代表的なものに、「隙っ歯」があります。
全体的に隙間がある方もいらっしゃれば、部分的に隙間がある方もいらっしゃいます。
歯の形には問題が無い場合、短期間で矯正治療ができるんですよ。
歯の状態によりますが、数ヵ所の隙っ歯の場合は、6ヵ月以内で隙間をなくすことも十分に可能です。

 

上下の噛み合わせに特に問題がなければ、ブラケットを用いた装置を使って、歯を両サイドから真ん中に寄せて、歯並びを絞って治すといったシンプルな方法が最適です。
早い方では、約3ヵ月で歯の移動が完了します。

 

隙っ歯でも、本当にわずかな隙間の場合、いわゆる見えない矯正装置の、インビザラインでの治療も可能です。
透明のマウスピースのような器具ですので、装着してもほぼ見えず、全くと言ってもいいほど気づかれないというメリットがあります。
しかし、矯正治療効果には限界があり、大人であれば非常に軽度な隙間の治療であっても、1年以上かかってしまいます。
ですから、ブラケットを用いた装置で治す方が確実で早いと思います。

 

また、舌側矯正と呼ばれる方法でも治療ができます。
上下どちらの歯にも適用でき、歯の裏側へ装置を付けるので、表からは全く見えません。
この方法も、全くと言ってもいいほど気づかれないというメリットがあります。
ただし、高度な技術を必要とする矯正方法ですので、通常よりも費用が高くなります。
それに、舌に対する違和感がとても大きいので、不快感があるかもしれません。

 

どのような治療方法でも、メリット、デメリットがあります。
自分が納得できる方法を選んで、思い通りの治療ができるようにしましょうね。